ホーム > 夢の中 > 夢の中で会話する

夢の中で会話する

最近、夢の中で走馬灯のように過去の人物、風景が登場します。夢の中で、今はもう会うことの出来ない人に合い、今はもう戻れない昔の家や場所に戻り、楽しく会話する自分がいます。現実があまりにも満たされておらず、精神的にショックなことがあり、絶望を覚えることから、脳がバランスをとっているのだと推測しています。夢の中で生き生きとしていれば、その感覚からぬけだしたくないもので、明晰夢とまではいかないものの、どこかでわかって遊んでいる感じがします。その証拠に、虫など、私が苦手な嫌いなものが出てきたり悪夢を見たりすれば、目が覚めます。現実は辛いです。あまりにも退屈で、絶望的です。なにか、趣味や生きがいがあればよいのですが、失ってしまいました。ひたすら、あと何十年寿命があるのかわからないのですが、孤独に、時間潰しで生きていかねばならないと思うと恐ろしくなります。お金があれば、まだ違うと思いますが、病に加えて貧困も抱えていますから、絶望しかありません。しかし、なにか見つけて生きていきたい、なにかあるかもしれないので、今日もご飯を食べ、薬を飲んで、暖かい布団で眠りにつき、幸せな夢をみます。いまは幸せな夢をみるため、毎日を生きています。

仕事辞めたい